[ドラマ]総括2013年2Q - sacsra / NOTE

sacsra / NOTE ホーム » スポンサー広告 » 感想まとめ » [ドラマ]総括2013年2Q

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ドラマ]総括2013年2Q

 ドラマの感想書きは初なのでとりあえず、今2Q終了のタイミングで書いてみることにしてみました。今クールでは初めてツイッターでドラマタグでワーワー盛り上がることの面白さを教えてもらいましたね。「あまちゃん」と「半沢直樹」。ツイッターって面白いんだな!って初めて思ったよ…。

 余談ですが普段はオンタイムで見れるとしても時短のため録画を見る、が基本でCMは丸飛ばしだったわたしですが、今回オンタイムで見たい!と思う番組が増え(半沢直樹本編や、半沢・あまちゃん出演者の出てくるバラエティなど)、久しぶりにCMを見ました。ほんとに余談ですが、こういう人、わたし以外にも結構いたんじゃないかなあ。 

 さてさて今クール。録画したものの、まだ見終わっていないものもありますが、面白かった私的ランキングを作ってみようと思います。レーザーチャートみたいな加減点式はわたしには合わないので、所謂独断と偏見で。

 タイトル放送局時間簡易あらすじ
金賞 あまちゃん NHK 朝連ドラ  主人公アキがユーモア溢れる仲間達と北三陸・東京で奮闘し頑張る姿に、どんどん周りが元気になっていく物語。2013年を代表するドラマ。日本中に元気をくれた奇跡の物語。
進撃の巨人 複数局 各局ごと  アニメ。人間が謎の大型巨人に襲われ続けて何百年…という話。※TBS系列・フジ系列地方局、TOKYOMX、ニコニコなど変わった媒体での放送だったが、圧倒的な人気に速攻各局CSで放送されまくっていた。
半沢直樹 TBS 日曜21:00  頭取を目指すバンカー半沢直樹の昇進物語。会社の上層部の良いように扱われ煮え湯を飲まされるサラリーマンが多い中、半沢は強靭な精神力・復讐心から、戦いを勝ち抜いていく。
銀賞 天魔さんがゆく TBS月曜24:28 ゴーストバスターズ日本版。
名もなき毒 TBS月曜20:00 人間にある毒。自覚の無い毒。人によっては毒ではないものが、人によっては毒となる。
DOCTORS2 最強の名医 テレ朝木曜21:00 DOCTORS第二弾。パワーアップして帰ってきました。
銅賞 警部補 矢部謙三2 テレ朝金曜23:15 TRICKスピンオフ矢部謙三シーズン2。犯人だけではなく警視総監とも戦う矢部謙三。
激流~私を憶えていますか?~ NHK火曜22:00 20年前の修学旅行のバスの中で突如行方不明となった女の子。そんな事があったことも忘れたある日、その名を名乗る人物から突然メールが届き同窓生が集結する…。
サマーヌード フジ月曜21:00 とある都合により海の家で働くことになった一流シェフ。その海の家には地元愛に溢れた人達がたくさんいていつも集まっている。その人達との出会いがシェフの人生も変えるし、シェフによって海の家から離れられずにいたみんなの時計が動き出す。
Woman 日テレ水曜22:00 昔親に捨てられ、結婚した旦那は死んでしまい、お金もないギリギリの状態で2人の子育てをするシングルマザー。親に頼ることも出来ず、旦那には痴漢の容疑がかけられたまま、しかもその痴漢の容疑をかけたのは親が再婚後に出来た子供の虚言。最悪の状況で、自分に大きな病気があることが発見される。
特筆 スターマンフジ火曜22:00 夫に逃げられたシングルマザー佐和子が記憶喪失の年下青年に一目ボレ!星男と名付け3人の子供の父親として同居させる…奇跡のラブロマンス。
ぶっせんTBS火曜26:28 仏教専門学校物語。
ショムニ2フジ水曜22:00 帰ってきたショムニ。
ぴんとこなTBS木曜21:00 歌舞伎界プリンスと貧乏女子高生の恋。
悪霊病棟TBS木曜24:58 悪霊が出る病棟。
銀の匙(アニメ)フジ木曜24:45 農業高校に進学した高校生の話。
町医者ジャンボ日テレ木曜11:58 ジャンボっていうあだ名の町医者。
斉藤さん2日テレ土曜21:00 帰ってきた斉藤さん。
リミットテレ東金曜24:12 修学旅行のバスが転落し多くが死亡。生き残った数名が生き抜くためのサヴァイバル物語。
リアル脱出ゲームテレ東土曜24:50 テレビで出されるクイズにオンタイムで答えて遊べたテレビ。
夫婦善哉NHK土曜21:00 それこそ「夫婦善哉」。

 

[ 金賞 ]

あまちゃん

 文句なし。半年に渡り、私達の毎日を明るくしてくれてありがとうございました。1時間まとめた連ドラでも面白かったと思うけど、あのクドカン脚本の絶妙な焦らしが朝ドラにぴったりで、ひさーーーーーーっしぶりに、「早く次の回が見たい!」と思わせてくれた作品でした。しかもそれが毎日、毎日だった。土曜ですら早起きをして、日曜である事を嘆く奇跡のような半年。本当に楽しみで、楽しみで。家で見れない時は使ってないAndroid持ってワンセグで無理やり見たりしてました。ありがとうあまちゃん。毎日、明日への活力をくれて、ありがとう。

進撃の巨人

 初めて見た時はなんだこりゃー!えらいアニメがやってるぞー!とドタバタパニックでした。最初の1話目のインパクトは忘れられない。そしてエレンとミカサとアルミンの世界が、どんどん広がっていき、ついにリヴァイ兵長とわたしは出会ってしまった。わたし今までアニメのキャラクターでときめいた事一度もなかったんですけど、リヴァイ兵長、むっちゃ好きで!巨人の血が服についた日には汚ねぇと怒りを露わにするも血まみれの部下の事はしっかりと抱きしめる。涙にせず、悔しさを更なる強さへと昇華させ、確固たる意思で前を見て進む。かっこ良すぎる><そしてお掃除のシーン。なんていうんだっけあれ、三角巾?かわいすぎる><

 実写化が決まりそうという噂が出た時、その時に聴いていた監督はわたしの好きな監督だったので、それならばきっとミラクルを起こしてくれるのだろうと思ったものの、リヴァイ兵長のキャスティングだけは浮かばず。ずーっとずーーっと本気で毎日悩んでいたら、予定されていた監督が辞退したときいたので、あ、お流れかしら、と安心したとこです。エレンもミカサもアルミンも誰でもいいけど兵長だけは難しいぞ!

半沢直樹

 いやあ面白かったですね。好きすぎて細かい所まで見すぎてしまい、ただの編集ミスまで拾ってしまったり(。-∀-)…。面白かった!原作を読んでなくて良かったと思いました。早くしないと原作読んじゃうぞー!(続編が決まるのなら原作はお預け)。それから影響力もすごかったですね。芸能人に疎い母が堺さんを見て「あ~この人が菅野ちゃんの旦那さんね~」「菅野ちゃんが応援しにきたら現場はもうお祭り騒ぎで大盛り上がりよね~」とやっと認識してました。堺さんも相当素敵でラブな役者さんなんですのよ母よ…。しかし芸能人にほんとに疎い母ですが菅野ちゃんのことは昔にやってたイグアナのドラマ?以来ずっと好きらしく。菅ちゃんはやっぱりすごい!←?

 ちなみにわたし。人生で一度だけ土下座をさせられた事があります。まだまだ新人の頃。会社側のミスでお客様を怒らせてしまったんですが、わたしは全然その業務に携わってさえいないのに「若い女の子が一緒に謝れば相手も引きが早い」的な理由で。まだまだ右も左も分からないわたしは、ただ連れていかれ、一緒に怒鳴られ、驚きのあまり泣いてしまい、最後には手をついて謝らさせられていました。わたしが無知だっただけなんですがね。当時のわたしにはまだ、そうした時における立ち振舞いや逃げ方を知らなかった。

 結果的に、そこまでお客様を怒らせた担当者のそれまでの数々の無礼が発覚。新人のわたしを女という理由だけで同席させるような人間性の持ち主ですしね。また損して得取れではありませんが、わたしの行動は上層部の耳にも入り、しかし特に訴えたり責めたりもしないわたしに安堵と同情とそして安直さ(扱いやすさ、というべきでしょうか)を感じさせたのか、随分と優遇される人事を貰い、その後は恵まれた環境で、おかげで今も得を頂いていると思います。

 にしても、正直なところ、あの屈辱は忘れる事が出来ないものです。自発行動ならばまだしも、強制的にやらされるあの苦々しさは例えようもありません。社会に出れば飲みの席用に失敗談などの自虐ネタをいくつも持つようになりますが、まだまだ笑い話には出来ないものです。

 半沢直樹の土下座は全て自発と約束責任によるもので見ていて納得のいくものでしたが、願わくば子供たち。特に10代。土下座を軽んじ、下手に流行り、相手に強いることの無いよう余計な心配をするわたしです(笑)

 

[ 銀賞 ]

天魔さんがゆく

 面白かったわあ。こういうの、こういうの、やって!もっとやって!もっと深夜枠でもいいから、ゆるーくてもいいからやって!深夜枠が駄目なら、夕方枠とかでもいいから!録画するから!面白かった。剛たちが素で笑い合戦やって笑っちゃってるシーンとか、見るとこっちもほぐれるんですよね。そんな中、一生懸命台本通りに進めるもアドリヴの洗礼に必死に食らいつくさっしーとか。見てられないくらい痛々しくて、全然顔芸とか面白くなくて、それがまた引き笑いを誘って。さっしーの顔が赤くなっちゃってたり。芹那のキャラいる?とかそういう無粋な事は言いませんけど芹那まじで声うるさかったwww普段以上にキーあげて役作ってたのかなあー(笑)

名もなき毒

 小泉孝太郎。相変わらず演技が下手とか上手とか云々の前に、素のままじゃないか、って役が来ちゃってましたなあ。キャストもいまいち華も足りず。なんか意外性のない役割分担っていうのかな、なもんで放置。で、4話までたまったタイミングで一気見、したんですけれどね。…な、なんだこれ。面白いじゃないか…!誰よ!これ見てない人!←

 そこからは毎週ワクワク。したっけ、ちょっと!野田さん((NHK野田でございます主役))こと江口のりこさまが鮮烈な美味しい役かっさらってるじゃないですか!んでまた、世の中の人を恐れ戦かせているじゃありませんか!こんなの興奮するなっつったって無理!無理!

DOCTORS2 最強の名医

 安定の面白さでしたな。しっかりあの世界観が残っていて、しっかり面白かった。シーズン1を見ていない人でも十分楽しめる作品だったし勿論1からのメンバーは笑いが止まらなかったのでは。

 あいかわらず高嶋政伸、良かったですよね。脇というよりむしろ主役w 沢村さんも別に嫌いじゃないけど相良の役は別に他の人でも問題ない。けど、あの”すぐるちゃん”は、気持ち悪いけど人間味に溢れてて、かっこ悪いけど一生懸命で、子供なんだけど優しくて、プライド高いと自己豪語してる癖に知らない事は「なんで?」「どして?」とナースにまで聞いちゃう。ぼっちゃまの癖に隠れ努力家という全く意味不明な人物をピタリッと高嶋さんは演じてくれる。

 いやむしろ、元々のすぐるちゃんはただのキモダメキャラ(昔のドラマのユキヒコさん?みたいな)だったのかもしれないけれど、それを高嶋さんの元々持っている育ちや性格、そして努力の役作りによって、あの奇跡の憎めないすぐるちゃんが出来たのかもしれない。シーズン1からすぐるちゃんの悪事っぷりはそりゃもう酷かった…。なのに、敵キャラなのに、すぐるちゃんが成長すると嬉しくなっちゃうんだよこのドラマは!(笑)

 

[ 銅賞 ]

警部補矢部謙三2

 TRICKファンなら見逃せるわけがありませんですわね( ◞・౪・)◞♡前回の総務に手伝われちゃうシリーズはトリック自体は面白かったけどキャラに愛着が沸かなかった。代わりに今回の新キャラ、良かった!昇進したいが故に総監を脅す矢部!矢部をどうにか殺したいが為に困難なミッションに矢部を指名する総監!!そんな矢部に純粋に嫉妬するエリート部隊!そして矢部に総監を脅す情報を流しているのは、勉強サボッて一緒に捜査ごっこしたいっていう総監のお嬢様w(←こちらさまが今回の影華)

 今回はトリックがどんなだったかとか細かいことは覚えてないんだけど、やべけんらしい笑いがあって、楽しかった!なんで毎度トリックシリーズは平均より少ない回数で終わってしまうんでしょうかねー。頑張って他と同じくらいの回数はやってほしいw

激流~私を憶えていますか?~

 見応えありましたな。キャストも一時代主役を張りまくっていたメンバーばかりで華やか。話の進みもオチも悪くない。ただ、女性陣が30台(いくつの役どころだったっけな)、とりあえず家庭を持ったり、既に離婚したり、事業の成功と失敗を味わったりと一山超えた世代の集合にしては、なんだか若々しすぎたというか。最初の集合のシーンは良いけど、その後どんどん色々と切羽詰まってきた時にはもうちょっと老け感というか、大人感というか、重厚感が必要だったように思う。

 ある1人の復讐劇だったけれど、それはきちんと果たされ、それを乗り越えて前をまっすぐ向いていく。ハッピーなエンドになった人は1人もいないけど、全員集合する前より、全員が解散する時のほうが、みんな心が綺麗になっていた。

 ちなみにこの作品を見て気づいたんだけど、山本耕史、なんだかブルジョワ感が出るようになったなあ。存在感というか。特別感。山本耕史ってそれこそ器用貧乏のわがままチャラ男レッテルだったけれど、努力の積み重ねって役を通してでも伝わってくるもんだな。

サマーヌード

 戸田恵梨香さま演じるハナエとヒカルの恋!以外は本当どうでもよかった。山Pと香里奈の棒読み棒立ち棒顔。見てるこっちが(おじいちゃんお口くさーい)の顔になってしまうわ。しかしハナエとヒカルは良かったなあ。可愛かったなあ。ハナエ達が良すぎるから山P達の演技がまたイタイタ痛々しい。やめて!やめてあげて!これ以上モロ比較すんのやめてあげて!って感じでした。

 戸田ちゃんにとっては、久しぶりの天使キャラの役どころだし、悪くはないけど、でもなんでこんなダサいドラマ受けたんだろうなーとクビかしげてたら勝地涼くんこと前髪クネ男と、お?お?お付き合いを始めた?とか??遊んでいるように誤解されるけど意外とお硬くしっかり者の戸田ちゃん、もしかしたら勝地くんとの共演を知って受けたのかなあ、なーんて。どうでもいいところでの深読み~ふふ。勝地涼くんにはちいとも興味ありませんでしたが、戸田ちゃんが目をつけたっていうならわたしも少々目をぎらつかせて吟味させて貰おうと思いますよ!(贔屓目になるつもりが、逆に厳し目にみてしまいそうだ!?)

Woman

 満島ひかりちゃんがまたも難しい役に飛び込んでいかれましたね。また、更に二階堂ふみちゃんもこれまた難しい役を。この2人は何なんでしょう、救いのない話ばっかりに出て。ドMか(笑)

 満島ちゃんの演技は、それでも、生きてゆくを思い出させる演技方法。つい、口から言葉が出てしまったかのような話し方と挙動。ふみちゃんは、悪の教典に出てた時の雰囲気に近かったかな。2人筆頭に、このドラマに出てくる演者さん本当に素晴らしかった。

 でも一点だけ、残念だったのが。

 小栗旬。おにいさんかっこ良すぎだ…。ダメだ…。オーラ消せてない…。もうちょっとなんか、もっさい感じの。もうちょっと不器用な感じの男の子いなかったのかなあ…。(って小栗くんは大好きなんですよ、ほんと。かっこいいし。宇宙兄弟の時もちょっとケチをつけてしまったけれど、小栗くんはほんとに大好きなんです。でもかっこいいオーラが出過ぎなんです。だって痴漢とか「小栗旬が痴漢なんてするわけないじゃん」て思っちゃうんですもの。「信さん…信さんが痴漢なんてするわけ…。ないよね…?」じゃなくて。)

 この作品をしっかり見るような方は、恐らくドラマの2話あたりで、最終回までのおおよその読みは出来たと思うんです。絶望の中からの絶望的希望か、ご都合主義的希望か。みたいな。どっちに話転がしていくんだ、と。

 この作品、1話目・2話目までは子供絡みでつい泣かされてしまいますけれど、その後はなるべく視聴者が泣かないような配慮がされていたように感じました。途中から共感を超えて傍観者に強制的にさせられてしまう感じ。遠くから見守っているような。これって信さんの視点?と、ふと思ったのでありました。

 


【その他全話観賞済みドラマ


  • スターマン
     ( ´-`)……つ、つつみさん…?
  • ぶっせん
     みんな坊主で誰が誰だかよく分からないけど袴田さんは良かった。
  • 救命病棟
     江口に滅茶苦茶な目に合わされながら育った松嶋が今度は周りに「あの人は滅茶苦茶だ」と言われるように育っている(笑)松嶋が滅茶苦茶だと全然思わないのはわたしらも既にがっつり江口に育てられちゃっていたからでしょうかね。江口か、ユースケサンタマリアか。とにかく誰か昔のメンバーを出して欲しかった。
  • ショムニ
     面白かった。が、江角さん以外は全員キャラが定まらないままで。安藤ちゃんもっと爆発しちゃえば良かったのに。古参メンバーが最初に出てきた時はわくわくしたんだけど。話は面白くて飽きずに気楽に見れました。
  • ぴんとこな
     かわいい~。みんなかわいい~~。なんとなく花より男子の空気感がありましたな。歌舞伎界の事が少しだけ垣間見れて、歌舞伎に興味が沸きました。その後、半沢直樹で黒崎オネエを演じたラブリンこと愛之助様がトーク番組に出ていて。1ヶ月スパンで演目が変わるんだけど、3週間開場して1日2回。最後の1週間で次の月の演目の稽古。それを10年やり続けているとか。御見逸れいたしました…。
  • 悪霊病棟
     「みんな!エスパーだよ!」で回し蹴り食らわしてた派手っこを演じた夏帆が今度は地味の塊のようなダッサイ女子を好演。周りも安定の俳優陣で中々面白かったです。
  • 銀の匙(アニメ)
     面白かったなあ。ハチケン君。やっぱり特にピザを作ってみんなで食べる回が好きだったなあ。勿論、ぶたどんちゃんとのエピソードも後味の良い忘れられないシーンに。
  • 町医者ジャンボ
     MAKIDAI!ザMAKIDAI!悪役尾美さん目当てだったので何でもいいけど。あと尾美さんの弟役の人、最初出てきた時小室哲哉かと思ったw
  • 斎藤さん2
     前回に続き斎藤さんは斎藤さん。ただ、少し年をとって少しだけ丸くなった斎藤さんと成長した子供たち。なかなかリアルで。しかし小学4年生であんなにしっかり意見言えるようになるのかなあ。あれが普通なのかな。うちの甥っこ大丈夫かしら…。
  • リミット
     窪田正孝君目当てに。原作には無い役どころだったようですね。でも良い役だった。救出された後のあっさり感が少し気になったけれど、窪田君が良かったので問題なーし。
  • リアル脱出ゲーム
     2問間違えたものの1つは1000位を切るタイムでクリア出来ました。ネットを逆手に取り活用してやろうという挑戦も良かった。バラし合いをしちゃっているところもあったようだけど、それはそれで今の時代仕方がない。それにそこの住民にとっては楽しいコミュ場だったんじゃなかろうか。むしろもうTV側でコテハンで相談しあえる場所を用意しちゃえば良いのにと思ったり。せっかくアカウント認証もしてたんだし、そしたら親睦も深まるしねえ。勿体無い。
  • 夫婦善哉
     良かった。4話しかなかったけど、映画を見ているような気持ちになれた。尾野真千子の美しさは勿論のこと、未来君の好演も光った。大好きな未来君がここまで憎たらしくも色気のある演技を見せてくれるとは。物語は、もう2人とも勝手にやってろ!っていうアホくさ愛しい物語。とても素敵なコメディでした。

 


【その他未鑑賞ドラマ(そのうち見る予定)


  • 7つの会議
  • なるようになるさ
  • パワーゲーム
  • 鍵のない夢を見る
  • ガラスの家
  • フレネミー
  • Oh!MyDad!!
  • 仮面ティーチャー
過去に書いた記事もちょいちょい書きなおしたりします。記事作成日はリスト調整のため、手動でいじる事が多いため、観賞順ではありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。