[ドラマ]独身貴族 第八話 - sacsra / NOTE

sacsra / NOTE ホーム » スポンサー広告 » 独身貴族 » [ドラマ]独身貴族 第八話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ドラマ]独身貴族 第八話

恋をしたあとの最も大きな幸福は、自分の恋を告白することである。(アンドレ・ポール・ギョーム・ジッド)


[ まとめ ]

シーンキーワード 曲名 映画タイトル 備考/メロディ
OP:前話回想 East of Eden エデンの東を    
守:玲子とゆっくり朝食 The Theme From A Summer Place 避暑地の出来事    
進:出資白紙、スポンサー探し Solace The Sting    
進:出資を名乗り出てくれた会社へ 独身貴族のテーマ(希望) 独身貴族オリジナル    
進:離婚調停,弁護士の顔 Le Grisbi 現金に手を出すな    
オープニング Hub Caps and Tail Lights ティファニーで朝食を    
守・ユキ:やなか社長と対面 Passepartout 80日間世界一周    
パーティ会場 マツケンサンバ   ♪マツケンサンバー  
守・ユキ:パーティ終了、部屋へ I could have danced all night My Fair Lady    
守・ユキ:お風呂 Moon River ティファニーで朝食を 鼻歌  
守・ユキ:脚本のチェック、進の話、昔話 Amapola once upon a time in america   new!
守:ユキに会う前に感じていた印象 Moon River ティファニーで朝食を オードリーが歌ってる♪  
守・ユキ:やなか会長と契約の話 Wouldn't It Be Loverly My Fair Lady    
進:脚本訂正の要求を受けユキに説明 Solace The Sting    
ユキ:守へ脚本訂正に対して相談 Deborah's Theme once upon a time in america   new!
守:玲子へ玲子父と会わせて欲しいと頼む/td> Photographic Memories once upon a time in america   new!
8月のボレロ・カミングスーン      
予告鑑賞後:ユキ傷つき、進傷づけた事を理解し。 Moon River ティファニーで朝食を    
守・進:公私混同した兄弟喧嘩 Smile チャーリー・チャップリン    
出資が決定(守・進・ユキ)、そして玲子 East of Eden エデンの東    

 

 まずユキ!守から「脚本、後で見せてくれるかな?」と言われた途端にパアァっと花が咲いたように嬉しそうに喜びましたわね。先週ラストに「専務と2人で作ります♪」と言い放ったばかりなのに。今週分を見る前に前回をもう一度おさらいしていたのであの憎さに近い感情がバリバリビリビリ…何その表情…と鼻息も荒くなってしまいました。

 そして再びユキ!進は恋人同士なのだしメールで連絡をしてあげるべきではないでしょうか。守はきちんと会社に連絡を入れているにも関わらず。ユキは進にも連絡してない。ってことは、居候させてもらってる友人にも連絡してないのかな。酷い…。呑気に湯船に浸って歌ってる暇があったら状況報告してあげなさいよ、恋人としても、社員としても、っていう。

 さらに再びユキ!(笑)会社に戻った時に進の顔をチラリとも見ない。普通なら微笑むんじゃないの。本来なら進が駆け回ってやっと見つけた出資会社に会ってきたのだから第一に飛び込んで報告するんじゃないの。つーか恋人同士じゃなくったって普通挨拶に行くんじゃないのっていう。むーん。

 それから川越君はやっぱり脚本家デビューしていないのですね。爽やかに軽やかに冗談のようにユキに「俺が書くよ!」と話していたけどあれって本音だよな。ユキ……何だその返し。それ素なんですか……っていう。川越君、なんだか随分大人に見えてきましたよ……。立派だよ。しっかりしてるよ。何者だよ。守の次に好きだわよ!←突然の告白。

 

 続いて進!会長は会長なりに時間を割いて、お金を使って、ユキの脚本を読み込んで自分なりに解釈してああいう行動を起こしたのでは?確かに会長はユキを傷つけたけど、悪気があったわけじゃない。進は、もしあの会長がユキのイメージ通りの予告を作ってくれていたら感謝するんでしょう?脚本に手を加えられたとしても、ユキが納得出来るテコ入れだったら喜ぶんでしょう?ていうかむしろ、今まで散々そういう経験をしてきて、それを飲んできたんでしょう。会長をあそこまで傷つける必要は無いのでは?あそこまで侮辱する必要、無いんじゃないの?ユキじゃなかったら頷くんでしょ?っていう。むーーーーん。

 守も以前、水島部長に結果的に暴言を吐く事がありましたが、あれも元を返せば進の浅はかさ故。それにあそこまで酷い言葉は吐かなかった。今回も守が担当をしていたのならば、最初の時点でそれを見抜いていたし、角の立たない内に手を引くなり何なり注意深い行動が出来ていたはず。進はユキに出会うまで、守の何を見てきたのだろう。守は進を「昔から周りを喜ばせる、敵を作らない」と羨ましそうに褒めていたけど……。わたしが会長だったら椅子から転げ落ちますよ。相手の専務は散々頷いて、乗ってきて、ただボンヤリしてる脚本家がそこにいて。だからこっちももっとしっかり伝えようと予告作ったりして。そしたら相変わらず専務がすごく褒めてくれて喜んでくれたのに、何だか伝わらないから脚本に手書きで一生懸命書いて見せたら、突然専務がキレるんですよ。しかも信じられないような暴言を吐きちらかされ。脚本家が叫ぶならまだしも、散々良い顔してきた専務がですよ。正直、わたしだったら心臓、麻痺りますよ。びっくりするにも程がありますよ。

 

 そして今回は最後に守!!……ユキの為に玲子を使いました…?……ユキの為に結婚を条件に契約を取りました……?叔母様が現れたって事はそう解釈して間違い無いんですか……?

 それが事実だとしたら今回の守の行動、許せない。

 守自身が自分で言っていたのに。あの出資会社は辞退して他をゆっくり探せば良いって。そう言っていたのに。……。

 どうか私の勘違いでありますように。何故玲子を使ったの。前回の涙のプロポーズの言葉はどうしたの。「あなたにとって必要な人になりたい」って、どの口で言ったの。どうして、せめて正攻法で出資会社探しをしなかったの。どうかどうか、どうか私の勘違いでありますように。

 

 玲子。守が家に帰ってくるまでお祈りをしてますよね。何を願っているんでしょう。無事に帰ってきますように、無事に私のところへ来てくれますように。でしょうか。切ない。

 

 ジェームス・ボンドやバック・トゥ・ザ・フューチャーのスポンサー裏話などは面白いですよね。毎回こういう映画の小ネタ織り交ぜてくれるのは嬉しいものです。最近見てきた好きな邦画ではパラマウントベッドが病室で使われていたりして。出資してくださったのかなー、ならベッド買うなら候補にいれなきゃなー、なんて考えながら見てました(笑)

 


過去に書いた記事もちょいちょい書きなおしたりします。記事作成日はリスト調整のため、手動でいじる事が多いため、観賞順ではありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。