[SPEC]選ばれしSPEC能力覚醒者について考える - sacsra / NOTE

sacsra / NOTE ホーム » スポンサー広告 » ケイゾク・SPEC » [SPEC]選ばれしSPEC能力覚醒者について考える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[SPEC]選ばれしSPEC能力覚醒者について考える

 SPEC。超能力。ヒューマンリソースとして資源扱いされ、終いには知らないところで売買されてしまう身。力は個人が絶望の中、強く望むことで得る事がある。ただ「SPECを得る人間と得ない人間の違い・境界線は何なのか」。TVシリーズ時代からの謎は、未だにわたしの中では解決出来ていません。

 

SPECを得た者の共通点や特徴

 

[スペックホルダーが人の子として生まれた事に対する現人類の解釈]

Answer:人の脳の覚醒

  • 強く自分の運命に絶望した経験がある(久遠望を除く)
  • 1つの力に目覚める(久遠望を除く)
  • がむしゃらに力を求めた(干を除く)
  • 家族がいない・大抵は殺されている・孤独(久遠望を除く)

余談:
 病を処方する力を持っていた海野先生。「私だって病を治す力が欲しかった」と嘆くが実際は病を処方する力を望んだと私は解釈している。助けられなかった子供の命を強く深く悔やんだ際に、もっと臨床数を増やし経験出来ていたならば、と無意識に医師として自分のスキル不足を嘆き望んでしまったのではないかと考えている。屈折しすぎているが、それが一番しっくりくる。要は「本当はわたしだってピクルス、食べたくないですよ」だ。無理に食べなきゃいいのに、最初に食べる、時には増量して食べる。食べる事が正義で当然であると考えている。嫌なものほど率先して食べなければならないと思っている。そんな真面目で偏屈で不器用で、どうしようもなく優しい海野の性格故の覚醒と考えている。「本当はわたしだって難しいオペ、したくないですよ」だ。無理にやらなきゃいいのに、海野は自ら選んでやってしまう男なのだ。事実、海野が自分の意志で能力を使い病を処方した症例では全て自力オペでしっかりと全力で助けている。

 

[スペックホルダーが人の子として生まれた事に対する先人類の解釈]

Answer:人とは違う特別な種族

◆先人類の末裔の意見
卑弥呼:破壊神[実体?]「ガイアの御意思」
・先人類の最古の末裔/御前様/ガイアと対話出来る?
セカイ:破壊神[霊体]「何のためにガイアは奴らを進化させているんだ」
・ガイアと対話出来ない?/卑弥呼を兄者と呼ぶ/何でも消せる・壊せる/屋上でのシーンでは「相当久しぶり」と話している。ユダが架け橋役だったのだろうか。
潤  :創造神[霊体]「……つったって羽アリ程度」
・セカイと長い付き合いの様子/何でも創れる・治せる/青池里子の子供として生まれ実体を得てみる。

◆神族とは異なる?神に仕えるユダの視点
ユダ :スペホ?[霊体] 「スペックホルダーはお前ら、下等動物の道具じゃねえんだよ。我等の仲間だ。きたねえてめえら人間の腹を借りて、肉体を持っただけのこと」
・自己を液体化し死体に憑依するSPECを持つ。
・現世のSPECホルダーへの仲間意識が最も強い。例:「SPECは人間の進化だとお前ら(サブアトラス会議のネオコード達に向けて)は本気で思ってんだな。羽アリは蟻の進化系じゃねえ。蜂の一種が進化し羽を失い蟻になったのだ。空を失い地を這うしか脳が無くなった蟻と同じ。」

※なお、普通は新女王蟻が育った時に夫となる雄蟻と共に羽が生えます。交尾後は、自然に羽は取れ雄蟻は死にます。女王アリは卵を産んで新しい家族を作ります。つまり、羽蟻はそのときだけ一時的に現れるもので進化でも別種でもなく同じアリです。

 結をみることが出来たおかげでもともとSPECはガイアと対話出来た先人類の持つ力であったことが判明した。そしてセカイ達の会話から人類の一部にSPECが覚醒し始めたのはガイアが進化させた事だとも分かる(そうなると今度は[ガイアがランダムに選んでいる or ガイアに心が届けることが出来る者=先人類の血を少しでもひくもの or ……?]と悩んでしまうのですが)。なお、この憤りからセカイ達がガイアと対話出来ていない事も分かる。セカイ達から進化し始めた人類への嫌悪感とガイアに対する怒りも伝わってくる。なのに、そんなたかが羽アリ、結局は現人類・ゴミの亜種であるSPECホルダーを何故後生大事にガフの部屋(いつか再生させるための部屋:輪廻の部屋)に集めていたのだろうか?

 また神と名乗ったセカイや潤には様々なSPECを持ち得ていたようだが、普通の先人類がそこまで全てを持っていたとは思えない。人間に少しずつ割り与えられたSPECの能力の全てをセカイや潤が持っていたのかも不明。但し様々な状況から察するに網羅していると考えるのが自然だ。つまり、サトリダンスをセカイか潤か卑弥呼の誰かが持ち得ていて踊ってサトっていたっておかしくない。(潤以外のサトリダンスは見た目強烈に可笑しいが)

 セカイ達が唯一持っていなかった能力がソロモンの鍵。別のバブルでは人の子としては存在していなかった事も分かる。このバブルだけは、何故か人の子として当麻が産まれてしまったと話している。なお、「今回のソロモンの鍵は諦めて次のソロモンの鍵を待とう」とセカイ達が話していた事については疑問が残ったまま。

 


 

 これら2点を整理すると「人の子が強く願った事で脳が覚醒してSPECが目覚めた」説と「SPECを持つべくして生まれてきた」説に真っ向から分かれる。改めて2つの説を整理しなおしてみる。

 


 

a.脳の覚醒説:

[肯定論][否定論]
  • 当麻自身の解釈。
  • サヴァン症候群もSPECのように脳の覚醒の結果だと当麻は論じている。通常10%しか使わないようにしている体が、底力を出すと従来では考えられないような力を発揮する。火事場の馬鹿力に似ている。
  • 久遠望の事件では、海野先生によって、脳機能の一部に病を処方することでSPECの能力を封じるに至った。対して当麻への処方は脳ではなく手の感覚を無くしただけだったためにSPECを封じきれなかったものと解釈出来る。
  • 記憶を書き換えられたって五感+直感といった「感」で誰もが何度でも蘇った。記憶は主に側頭葉、行動の指令を司るのは中枢神経。実際ニノマエのようにSPEC覚醒の元となった記憶を書き換えられても開花した能力を使うことが出来ている。極端な話側頭葉損傷型アルツハイマーになったとしてもSPECが使えるであろう。
  • SPEC"干"/秋葉原でランダムに集められた人々の中クリア出来た一部の者には一律に様々なSPECが目覚めた。(瀬文はスタートする為のキャラメイク自体に失敗。対して当麻はクリアするがSPECは覚醒しない。瀬文はまだ当麻のSPECの存在を知らないが当麻にSPECが目覚めなかった点に対して特に不思議に思うといった節は見られなかった)
  • SPECホルダー達はSPECを使うと非常に疲労した。大抵のSPECホルダーは十分な睡眠(恐らくノンレム=脳の休息)が必要だった。しかし、冷泉はレモンを使えば肉体や脳の消耗を回避しSPECを使う事が出来た。
    ※なお、当麻は日々膨大な食事を摂ることで脳の疲労の回復を行っていたようで2~3日なら徹夜も出来た。しかしSPECを使った後は食事より睡魔に襲われてしまった(「翔」に冷泉を2回召喚しただけで餃子を食べずに寝てしまうシーンがある)。
  • シンプルプランの違和感。普通の成人はインフルエンザにかかってタミフルを飲まなくても死なない。しんどいけど死なない。高熱で意識がぼやけ突飛な行動を取ることはあるが死なない。脳に障害を持つ人がインフルエンザにかかってもタミフルは効く。内臓から効く。脳関係ない。
  • 久遠望の存在。何をどうしたらあんなSPECを覚醒させられたのか想像がつかない。干で覚醒したのであれば納得も出来るが、それならば零課の管理下に置かれていないとおかしい。
  • 瀬文の驚異的精神力、起こし続けた奇跡。
  • 野々村の最期「心臓が息の根を止めるまで……!」の姿。
  • 召喚されたSPECホルダーにはそもそも物理的に脳が無い(笑)

 全てを見届けた私達の結論として、人の能力が脳だけで決まるものとしていいのだろうか。強い想いが脳を覚醒させる、強い想いがガイアに届きそれを受け止め望んだ者へ能力を授ける……。瀬文は「SPECなんぞ要らん!」と言い出すようになるけれど、それは志村が死んだ後。それまでは渇望していた。選ばれし脳機能の発達者なのかな、と思いきや、案外簡単に3DS"干"をやってしまうと一部の選ばれた人間ならば割と簡単にSPECを得る事が出来る。また知性があっても進めることが出来ない者もいる。そもそも潜めている資質・血筋的なものがあるのかなと思ってしまうわけです。

 

b.先人類の末裔説:
先人類の末裔というのか、混血というのか、転生というのか。とにかくSPECを持つべくして生まれてきた者

[肯定論][否定論]
  • サブアトラス会議でのユダの発言「ユダスペックホルダーはお前ら下等動物の道具じゃねえ。我等の仲間だ、汚ねえてめえらの人間の腹を借りて肉体を持っただけのこと」ネオコードは反論に騒ぐがマスクをつけた欧米陣は口をつくんでいる。
  • あれだけ強い思いで人を救いたいと念じ続けていた瀬文に人を救うSPECが備わらなかった納得の行く理由が無い。("干"でも瀬文はSPECの能力が目覚めるとされるGAMEのキャラメイク自体成功出来ない)
  • 当麻姉弟、志村兄妹(*)、マダム陽陰双子、ブリ爺さんと孫娘、3DS干の双子男など、家系・血筋でSPECの能力が開花しやすく見える。先人類の血が混ざった末裔?
  • 先人類の存在。更に"シンプルプラン"で明らかとなったのがスペックホルダーはタミフル等の薬が効かないという事。はっきりとDNAが違うと名言されている。そうなると結局は現人類とは亜種、或いは進化が起きたとしか考えられない。(その場合、SPECを封じられた久遠望であってもタミフルは効かないと考えるべき)
  • セカイ達、特にユダがSPECホルダー達をガフの部屋(冥界)へ集めていたこと、少なからず身内と見なしていた様子。当麻が召喚出来るのはガフの部屋の住人。また千人類が八咫烏となって世界を飛び回るラスト、SPECホルダーも八咫烏に変身している事が確認出来ている。
  • しかし先人類の繁殖方法が現人類と同じとは考えにくい。現人類のように容易に繁殖出来るのであれば、現人類に乗っ取られることは無かったのではないか。混合種を作るのは無理では無いのか。
  • 先人類の繁殖方法が不明。そもそも生と死が存在しているのかも不明。霊体となって尚活動するセカイ達は神だからなのか。当麻によって無意識に召喚されっぱなしの霊魂なのか。
  • 創造神の持つ力によって人に子を授けることは実践している。しかし肉体は里子から得たものではあるが精神は潤のままであった。また潤のSPECは人間の肉体の中にいても発揮出来ている。
  • はっきりとセカイが「俺達は先人類の末裔。お前たちは宇宙から来たゴミ」と話している。別の種族であると名言している。

 禁断のアダムとイヴ………………、林檎食べちゃった?……なんつって。

  (*)なお志村兄がSPEC持ちだという根拠は無い。ただ、零で明らかとなった志村の死の真相だけでは、志村妹・美玲が兄からあれだけたくさんの「未来のビジョン」をサイコメトリング出来た理由にならない。志村兄は未来に起こることを過去の記憶のように持ち得ていた。誰かに未来の記憶を埋め込まれたか、意識不明ながら志村兄自身にSPECが目覚めたと考えるほうがしっくり来る。但し前者の行動は完全に無価値であることから、後者。つまり兄にSPECが芽生えていたと私は解釈しているのである。たとえ公式にUプロデューサーに「志村はただのヘタレキャラ」と言われようともw

 


 

 余談ですが。当麻の援護に出てきたSPECホルダーズ以外は、永遠の闇・輪廻転生の無い世界に閉じ込められっぱなしになってしまったのですよね。SPECホルダーズや潤はセカイに消された事でガフの部屋に送り込まれずに済んだわけだけどユダが殺したゲッツ達や子どもたち、御船千鶴子やその他"干"に出てきたみんなは巻き込まれてしまった。それだけじゃなく、ガフの部屋には当麻が生まれるずーっと前からの死者(魔女狩りに遭った人とか)もいた。セカイだってそんな目に遭わせるつもりは全く無かったはずだ。

 当麻はセカイに向けて「愛を知らない」と怒っていたけれど、何十万年も自分の身内の復活に向けてひたすら耐え忍ぶ日々を過ごしてきた。それって、セカイなりの"強い想い"なんじゃないだろうか。支配欲にまみれたドS野郎とか潤からは言われていたけれど、表面だけ見て判断していいのだろうか。

 

 現人類の戦いにほとほと呆れ果てていたセカイたち。セカイも現人類の抹消を目論んでいたけれど、結局ガイアにとっては先人類も現人類も蟻の巣だったということなのでしょうか。ガイアがSPECを現人類へ能力を与え、人の子として当麻を産ませたのは現人類への可能性を試したくなったからでしょうか。本当にただのガイアの気まぐれだったのでしょうか。考えているとあまりにも不条理で悲しいですね。

 

 ただ、交差点で当麻がいたってことは、セカイだってユダだって卑弥呼だって、他のみんなだって存在している、かもいないかも。確認するまではどちらも重なりあった状態。

 シュレーディンガーの猫で始まりシュレーディンガーの猫で終わった。当麻と瀬文、は見えなくなってしまったけれど、今のバブルにみんながいることがガイアの優しさ……。だったりして。なんつって。なんつって!

 

"ダメで元々なのに、人はなぜ挑もうとするのか? そこには計算とか経験値という常識では無理と分かっていても、それでも諦めたくない情と、愛と、希望があり、それが奇跡を生むからだ。ダメモト上等。不可能くそくらえ。奇跡とは不可能の先の、そのまた先の先にあるものだ。"
過去に書いた記事もちょいちょい書きなおしたりします。記事作成日はリスト調整のため、手動でいじる事が多いため、観賞順ではありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。