[SPEC]『SPEC』を見た人は、『ケイゾク』を見るべきか? - sacsra / NOTE

sacsra / NOTE ホーム » スポンサー広告 » ケイゾク・SPEC » [SPEC]『SPEC』を見た人は、『ケイゾク』を見るべきか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[SPEC]『SPEC』を見た人は、『ケイゾク』を見るべきか?

SPEC ASK - List No.05
[Q]『SPEC』を見た人は、『ケイゾク』を見るべきか?

 おーちゃんさんから頂きました!独特な観点ですね~。では、今回もはりきってどうぞー!(わたしかー!)

 


 質問を少々極論化して回答します。
 「SPECの全てを見た人は、ケイゾクを見なければならないのか?」
 mustとmay。というよりmust notとmay notで言えば……で答えます。

 

[A] NO!

 

 エーーーーーーーーーー!って感じですか?ですよね?(笑)わたしも自分で書いててエーーー!?です(笑)

 誤解の無いように。見たほうがSPECをより楽しむことが出来ます。ですから観賞のオススメはします。でも「べき」ってなるとちょっと違うんですよね。別にケイゾクが基礎なわけではない。ケイゾクを知らなくてもSPECだけで十分楽しむことが出来ます。「べき」。あまりわたしが使う言葉の種類に含まれないのですが。んーそうだなあ。使うとしたら。……。「SPEC全然見てないんだけど、結の爻ノ篇だけ見に行ってみようかな?TVシリーズからちゃんと見ておくべき?」と聞いてくる人がいたらさすがに「うん、そうだね、見るべき」と答えるかな?(笑)くらいです。※ていうか別にオススメしなくても興味のある方は黙っていても見ているでしょう。SPECを愛し野々村係長の姿をしっかりと見たのならば、そしてクローズのラストの言葉を聞いたならば、ほっといても見ている事でしょう。

 

 ケイゾクを見ていたとしても、SPECクローズのラストが簡単に理解出来るわけじゃないんです。人によっては余計に混乱するかもしれない。SPECはケイゾクよりもずっとずっとシンプルでコミカルでわかりやすい作品になっています。だから、SPECのヒントを求めようとしてケイゾクを見るのは違うのです。あー、そうだ。何か勉強で応用編を解いている時に分からなくなったからといって基礎を見直すことがありますが、SPECとケイゾクの関係性をそれと誤解したら駄目なのですよ、基礎どころか超難問…いやむしろ分野が違うと言った方がいいかな……、という事が言いたいのです。とにかく全然違うんです。ケイゾクはケイゾク。柴田と真山は、柴田と真山。

 ついでを言うならTRICKはTRICK。安堂ロイドは安堂ロイド。ATARUはATARU(笑)。SPEC好きが見たら喜ぶ遊びが盛り沢山で高まる~!!わけですが、別に見るべき!!と言う感覚とは違うんです。勿論、ケイゾクの場合は、野々村係長に柴田、近藤、そしてアサクラの存在と、ケイゾクシリーズでの世界観が引き継がれていますから、今並べた3作と比較するのは全然違うわけですが……(笑)

 

 ケイゾクは……、ケイゾクはなんというかもっとこう、手のひらの中で大事に大事にそっと持って温めているような、粗雑に扱ったらすぐに割れてしまいそうな、脆い、でもとても尊く美しい作品です。内容は少々大人向けで、とてもとても深く哲学的です。SPECはSF…、つまりファンタジーであり、ちびっこがニノマエのモノマネをしたりしていましたが、ケイゾクを見せたらちびっこ、内容も理解出来ないでしょうし、その前に第一話からの圧倒的な力に怖がってギャン泣きかも……。

 

 「SPEC面白かったー!!ケイゾクも見るべき!?見なきゃ駄目かな!?」と聞かれると首を傾げてしまうのですが、「ケイゾクって名作?」と聞かれたら全力の大声で「YES!!!!!!!!!!」と答える、というのがわたしの見解です。ケイゾクとSPECはリンクしているけれど全然別物。言うなれば別のバブル!(笑)

 焦って無理矢理ケイゾクを見なくてもいつかケイゾクを見る時が来ますよ。自然と。きっと。大事に見ることが出来る時が来ます。

過去に書いた記事もちょいちょい書きなおしたりします。記事作成日はリスト調整のため、手動でいじる事が多いため、観賞順ではありません。
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。