藁の楯 - sacsra / NOTE

sacsra / NOTE ホーム » スポンサー広告 » 映画 » 藁の楯

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藁の楯

初見
[あらすじ]

 少女が惨殺される事件が起き、殺人事件の懲役を終えたばかりの清丸(藤原竜也)が指名手配される。清丸を殺せば10億円の謝礼を支払うという新聞広告が出され、身の危険を感じた清丸は福岡県警に自ら出頭。清丸の命が狙われるという状況下、警視庁警備部のSP銘苅(大沢たかお)と白岩(松嶋菜々子)は凶悪犯を移送することになる。

 カンヌで大ブーイングを食らったというニュースを見てはいたもののあらすじに惹かれ鑑賞。

====

 

 テーマは悪くない。でも、どのシーンも何か足りない。なんか惜しい…。大沢たかおx松嶋菜々子x藤原竜也x岸谷五朗を起用し、スケールの大きさも感じることが出来る制作にも関わらず…足りない。

 藤原君演じる犯人をもっともっと悪に満ち溢れた演出をするとか、大沢たかおをもっともっと誰よりも正義感あふれた人物として描くとか…。本来ならば、松嶋菜々子に感情移入しやすい筈なんだけど、そこも何だか置いてけぼり感。そしてそのまま置いてかれたままのエンディング。

 話の内容、あらすじは、良いと思うんです。ほんと。ただ演出が…。あまりに。これ何でこんな作品になってしまっちゃったのでしょう…。映画で見るより、話し上手な人に喋って貰ったほうがずっと楽しめるような作品になってしまっていました。(原作があるのならばきっと本はすごく面白いのでしょう)

 三池監督の作品は大味というか企画モノ(悪の教典、逆転裁判、忍たま乱太郎、ヤッターマン、着信アリetc)のイメージが強かった中で、この作品は随分まともなテーマだな、と思って期待した面もあったのですが。うーん、薄っぺらかった…。

 あのラストを描けるかは分からないけど、例えば園監督あたりが仕切っていたら、凶悪犯や犯人に憎しみを持つ被害者達からもっとただならぬ空気を感じさせてくれただろうし、仲間を信用出来なくなる気持ち、自分をも信用出来なくなる気持ち、忍び寄る恐怖、絶望、もっともっと描いてくれたのでは…と思ってしまう。別にあのラストじゃなくても良いし、ね。

 

 なんでこの作品が日本代表だったんでしょうかね。カンヌ?松嶋菜々子もなんでこの作品に参加しちゃったんでしょうかね。やっぱりあらすじ。原作の良さ?まさかこんな仕上がりになるとは思ってなかった?

 と、少々毒を吐きたくなります。

 繰り返しますが話の内容は面白いので、見ていた人と自分だったらどうする、とか、あの状況でも子供のことを思って行動するとか分かるよね、とか、まあ、話せるっちゃ話せるんでしょうけれど。うーーーん。参りました。オススメしません…('ェ';)

 

過去に書いた記事もちょいちょい書きなおしたりします。記事作成日はリスト調整のため、手動でいじる事が多いため、観賞順ではありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。