マーガレット・サッチャー鉄の女の涙 - sacsra / NOTE

sacsra / NOTE ホーム » スポンサー広告 » 映画 » マーガレット・サッチャー鉄の女の涙

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーガレット・サッチャー鉄の女の涙

初見
[あらすじ]

 1979年、父の教えである質素倹約を掲げる保守党のマーガレット・サッチャー(メリル・ストリープ)が女性初のイギリス首相となる。“鉄の女”の異名を取るサッチャーは、財政赤字を解決し、フォークランド紛争に勝利し、国民から絶大なる支持を得ていた。しかし、彼女には誰にも見せていない孤独な別の顔があった。

 メリル・ストリープを堪能する映画でした。相変わらずこの御方は…。なんて素晴らしいの…。演技や美飾についてはさんざん評価されたようですが納得。

 

 話は1人の老婆が先立った旦那の遺品を片付けながら過去を思い出す、というもの。ただその老婆はなんとただのお婆ちゃんじゃなくマーガレット・サッチャーでしたっていう。

 マーガレットの生涯を見て、仕事での戦い、ご活躍は皆の知る所ですけれど、マーガレットは幸せだったのだろうか、と思ってしまう。まあこんなことマーガレットに聞いたら「気分を聞くな。考えを聞きなさい」とビシッとされそうだけど。

 ラストのティーカップのシーン。プロポーズを受けた時「わたしは結婚しても、家族より社会を優先する女になってしまう。家でティーカップを洗ったりするなんて出来ない」と言っていたマーガレットが台所に立つ。

 (私がやらなければならないと思ったこと、イギリスにとって大切であると思うことをやってきた。やれるだけやった。この行動を取ることに幸せとか不幸せとかそんな”気持ち”なんて邪魔なものは捨ててきた。けれど、こうして引退した今。私をいつも支えてくれた夫を失って今。後悔なんて、絶対にしてはいけない事なんだけれど)

 とマーガレットから心の悲鳴が聞こえてくるようだった。一挙手一投足に感情が溢れてくる。

 「いいの。ティーカップくらい自分で洗うわ。」

 

 国民のヒーロー(ヒロイン)?今も敬われる偉大なるサッチャー夫人はご病気ながらもご健在。そんなお方の作品を作ることも、その方を演じることも、すごく大変な事だったと思うけれど、国内での評判も悪くは無いようだし、こうして国外の、現代史に異常に疎いわたしにも伝わってきたわけで。素晴らしい作品でした。拍手喝采也。

過去に書いた記事もちょいちょい書きなおしたりします。記事作成日はリスト調整のため、手動でいじる事が多いため、観賞順ではありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。