カイジ - sacsra / NOTE

sacsra / NOTE ホーム » スポンサー広告 » 映画 » カイジ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カイジ

カイジ1人生逆転ゲーム

初見
[あらすじ]

 自堕落な日々を送る26歳のフリーター伊藤カイジ(藤原竜也)は、友人の借金の保証人になったために多額の負債を抱えてしまう。そんな彼に金融会社社長の遠藤(天海祐希)は、一夜にして大金を手にできる船に乗ることを勧める。その船で奇想天外なゲームをするはめになったカイジは、人生を逆転するための命懸けの戦いに挑む。

 昔見ていたけどなんとなく再鑑賞。相変わらず藤原くんはこういう役やらせたら右に出る人いないなあ。わたしはカイジを本じゃなく映画から知った派なんだけど、本で見た時のカイジのブサイクぶりにはびっくりした。よく藤原くんを起用したな。利根川こと香川さんはもう圧倒的に最高。冒頭の雄叫び、マイノートにメモった。

 

カイジ2人生奪回ゲーム

初見
[あらすじ]

 一度は多額の借金を返済しながら、またしても借金地獄に陥った伊藤カイジ(藤原竜也)。10億円以上を稼げるモンスターマシーン“沼”に挑むカイジの前に、裏カジノの支配人・一条聖也(伊勢谷友介)が立ちふさがる。難攻不落の“沼”を攻略するため、カイジは裕美(吉高由里子)、坂崎(生瀬勝久)、そして利根川(香川照之)らと協力するが……。

 続けて2鑑賞。いきなりカイジが地下にいた。こいつ何またそんな大きな借金作ったの?一年も経たずに?地下に落ちる前のゲームにあっさり負けたの?えー?(=n=;)…。と思ったのも束の間、班長を負かし地下員集めて「絶対みんなを地上に連れて行く!」と叫んでいるシーンを見て、あれ、これわざと地下に降りてきたの…かしら?違うか、違うなwwww

 でまあ、みんなを連れて行く!ワー!ウオー!で始まったもんで、あー今回はチーム、仲間がテーマかと。内容は安定の面白さ。前回出てきた趣味の悪いお爺ちゃまが出てこなかったのは残念。安定の娯楽。香川さまは2でも素晴らしいんですが、1の時の悪役があんまりにかっこよすぎたから少々残念なような気持ちになっていたら最後にしっかり「優秀さ」を見せてくれたので大満足。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。