リトル・ダンサー - sacsra / NOTE

sacsra / NOTE ホーム » スポンサー広告 » 映画 » リトル・ダンサー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトル・ダンサー

 優しい気持ちになりたくなって再視聴。

[あらすじ]

 1984年、イギリス北部の炭坑町。11歳のビリーは炭坑労働者のパパと兄トニー、おばあちゃんと暮らしていた。ある日、ビリーの通うボクシング教室のホールにバレエ教室が移ってきた。ふとしたことからレッスンに飛び入りしたビリーは、バレエに特別な開放感を覚えるのだった。教室の先生であるウィルキンソン夫人もビリーに特別な才能を見出した。それからというものビリーはバレエに夢中になるのだが……。

 相変わらず男たちがかっこいい。男たちが優しい。強い。そして美しい。父も兄もかっこ良すぎるんです。何度見てもわたしは泣いたことはないんだけど、泣き所はたくさんあって。

 これを見て男泣き出来る人がいたら、即惚れますわね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。