ミッション:8ミニッツ - sacsra / NOTE

sacsra / NOTE ホーム » スポンサー広告 » 映画 » ミッション:8ミニッツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミッション:8ミニッツ

初見
[あらすじ]

 列車の中で目を覚ましたコルター・スティーヴンスは、見知らぬ女性から親しげに話しかけられ当惑する。ほどなく列車内で大爆発が起きる。再び意識を取り戻すと、そこは軍の研究室の中。彼が体験したのは乗客全員が死亡したシカゴ郊外での列車爆破事件直前8分間の犠牲者の意識の世界だった。それは、次なる犯行予告の時間が迫る中、軍の特殊プログラムによって死亡した乗客の意識に入り込み、列車内を捜索して犯人を特定しようとする極秘ミッションだった。大役を任されたコルターだったが、列車内にとどまれるのはわずか8分。そのため何度も意識を8分前に戻しては爆破の恐怖に耐えながら、徐々に犯人へと迫っていく。しかし同じ8分間を繰り返すうち、そこで出会った女性クリスティーナに特別な感情が芽生えてしまうコルターだったが…。

 

 

 「大丈夫、きっとうまくいく」

 

 面白かった。サスペンス、ミステリー、というより確かにSF。

 

 

 まずそれぞれの人物が良かった。何度も何度も繰り返し見ているうちにいつの間にか親近感に近い情が湧いてくる。例えばヒロイン。最初は眉間に皺ばかり寄せているし、ただの愚痴っぽいヒステリー女かと思ったけれど、色んなシーンを繰り返していく事で、優しくて可愛い女性に見えてきた。主人公も後半にいくに連れてヒロインへの接し方が優しくなっていった。

 

 

 死の準備など出来ていない。死ぬ側も残された側も。みんな苦しい。だから、主人公が父親と話が出来たということ、爆弾テロを食い止め、車内を笑顔の海に出来たということ。たとえそれが夢だとしても、良い世界を夢観れた。今の時代だからこそ染みる話で、救いが見えるストーリーだった。

 

====

 

 ということで、解釈。

 

 といきたいが、今回は頭のなかがまとまらない。

 ちょこちょこ書き足していこう。

 

 

 まず、飛べる先は過去じゃない。過去に良く似た別の世界。

 ※博士の発明したシステムを使うと人の記憶を使ってその場にワープする。しかしその人自身経験していない知らない事実を探れる。その場所自体に行ける。記憶の世界じゃなくその場所にワープする。

 

 だから、飛んだ先の別の世界を修正しても、戻った世界は変わらない。

 ※ショーンが電車に轢かれて死んだ時、彼女は生きていたけれど、戻った世界に変化は無かった。

 

<その他気づいたこと>

・ショーンとして死ぬと自分の意識に連れ戻される

・記憶はどんどん増え続け消えない(ただし初期化が出来る的な話をしていたので大尉時代の記憶以外の追加分を消したりいじったりすることが出来るのだろうな)

・自分に戻る時には必ず銀のオブジェと彼女を思い出していた

・それから「8分」、タイトルが「8分」て書いてあるから引きずられたけど、ショーンになってから爆発するまでの時間なだけで、その世界に留まれる限界時間では無い。(車外で死んだ時に爆発後のタイムにズレが起きてる)

 

 

 

 

 最後、8分丁度で生命維持装置を外して欲しいと言った大尉の気持ちが分からなかった。「あちらの世界を救えなかったとしたらそのまま死なせてくれ」?「救えるまで何度も挑戦させてくれ」ではなく。それまで主人公と同じような気持ちで観ていたけれど突然分からなくなった。

 

 仮想空間で死にながら夢を観たのかな、と思っていたけれど、銀のオブジェに映ったのが大尉じゃなくてショーンだった事から(あ、夢じゃないんだ)と思った。

 

 過去は変えられない。変えられると思うなら、列車でショーン達を救った後、自分の過去に戻って、自分の部隊の事件の日へ、もしくは父と喧嘩した日へ、行こうとすると思う。

 

 大尉は、新しく作られる別の世界で、それは現実の世界なのか、夢の世界なのか、分からない中で、すべてを忘れて夢を見たかったんじゃないのだろうかと、思う。現実は酷すぎたし、変えられないし。

 

 

 

 8分。自分の過去のどこかの8分間、変えられるとしたらどこの8分間を修正しに行くだろう、なんて最初は思っていたけれど。やっぱり過去は変わらない。今の自分は変わらない。どこかの別の世界の自分は違うかもしれないけど。

 

 

 本当に面白く惹き込まれどう犯人を見つけるのかとわくわくした。犯人を見つけた方法や犯人のしょぼさも抜群に良かった。犯人を見つけたことを報告するシーンの雑な感じもすごく良かった。

 

 もうちょっと解釈したいなあ、これ。なんかまとめられないなあ。

 

 

過去に書いた記事もちょいちょい書きなおしたりします。記事作成日はリスト調整のため、手動でいじる事が多いため、観賞順ではありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。