八日目の蝉 - sacsra / NOTE

sacsra / NOTE ホーム » スポンサー広告 » 映画 » 八日目の蝉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八日目の蝉

初見
[あらすじ]

 生まれてすぐに誘拐され、犯人の女によって4歳になるまで育てられた秋山恵理菜。両親のもとには戻ったものの、もはや普通の家庭を築くことは出来なくなっていた。やがて21歳となった彼女は、妻子ある男の子供を身ごもってしまう。恵理菜はやがて、封印していた記憶と向き合うべく逃亡生活を辿る旅に出る──。

 会社の上司との不倫で妊娠し、中絶手術の後遺症で二度と子供を産めない体となったOL、野々宮希和子。相手の男はいずれ妻と別れると言いながら、その妻はいつの間にか子供を産んでいた。自らにケリをつけるべく、赤ん坊の顔を一目見ようと夫婦の留守宅に忍び込んだ希和子。ふと我に返ると、赤ん坊を抱えたまま家から飛び出していた。


 

 

 泣いて泣いて泣いて泣いた。なんて事のないシーンで冒頭の裁判のシーンの永作(誘拐犯)をふいに思い出し涙がこみ上げたりする。後半は息が止まるほど泣いた。嗚咽った。

 

 元々話の設定自体が好きでは無かったのだけれど、永作の評判を聞いて見てみたら最初のシーンからぐっと惹き込まれた。脚本も演出も役者も素晴らしく、また映像がとても綺麗だった。とてもしっかりと女の世界が描かれていた。女だったら、永作の気持ちも、井上真央の気持ちも、森口瑤子の気持ちも、共感、というか共鳴してしまうんじゃないだろうか。 

 

 自分の子供がいる人は子供を抱きしめたくなるんじゃないかな、と思う。また、自分の母の事も思い出し、自分の幼少期のことも思い出した。見て損は無い映画だと思う。 

====

 

 物語は、不倫相手の子供である3ヶ月の乳幼児を誘拐し4歳まで育てる希和子(永作)の話と、4歳まで父の元不倫相手に誘拐され育てられたという複雑な過去を持った薫/恵里菜(井上真央)の苦悩する日々の話の2つの視点で進む。 

 

 最初の裁判のシーンは強烈だった。反省も感じられず開き直っているようにも見えず、ただぼーっとしてる希和子(永作)。「4年間、子育ての喜びを味わわせてもらったことを感謝します」と言い放つ。唖然。誘拐から保護されて実家族に戻った子供は「知らないおじさんとおばさんに連れていかれた。お母さんのところに帰りたい」と逃げ出す。泣き出す。4歳。そんなシーンが散らばり。実母(森口瑤子)が哀れでならない。 

 

 永作の演技を期待して観たわけだけど、結果は期待を大きく上回るものだった。凄かった。

 

 衝動的に誘拐した時の希和子は、まだただの異常者で、ただ逃げる事だけ考えている。薫を連れてきたけれど、どう接したら良いのか分からない。例えるなら小さい姉妹の姉のような姿だろうか。雨で濡れ汚れたコートのまま、手も洗わずに赤ちゃんを抱っこしたり、赤ちゃんを抱っこしたまま髪を切ったり、哺乳瓶をラブホの床に落としたり、普通の神経じゃない。

 

 でもそんな永作の演じる希和子がどんどん母親になっていくのだ。

 

 本当に永作の演技は素晴らしかった。希和子の不倫時代の不安定で危なっかしい頃の顔。子供を衝動的に誘拐してしまったただの異常者の顔。薫(恵里菜)と日々を過ごしていくことで癒され毒気の抜けていく顔。そして最後は優しく逞しい母の顔。 

 

 「母」を演じ始めた永作の姿に、少しでも嫌らしさというか憎たらしさがあれば、もうこの物語は大きく印象が変わってしまったと思う。

 

 「不倫相手の子供を奪い深い満足感を得る異常な女」「自分を苦しめた夫婦への仕返しとして子供を手懐ける女」「期限付きだと思えば優しくて理想的な母親を演じることは容易い」「実際の親じゃないから無責任な事が出来る」「一生相手の家族を苦痛に追い込めると思うだけでいつだって笑顔でいられるよね」「本当に薫を思うなら一緒にいることなんて出来ない」と思うからだ。"母親ごっこ"でしょ、結局ただの仕返しでしょと思うのが普通だ。

 

 だけど、永作の演じた「母」は本当に「母」だった。目の光、動き、顔の筋肉の使い方、声、動作、指の先まで。ただまっすぐ純粋に薫を愛する母にしか見えないのである。まさにこの話の軸であり肝の部分だ。 

 

 見ているうちに、犯罪者なのに、色んな人の人生をぶち壊しているのに、いつの間にか希和子と薫の日々を見守ってしまっている。犯罪者であること、薫の安否を、帰りを祈り続けている家族がいることを、忘れてしまいそうになる。希和子と一緒にいたほうが薫にとっては幸せなのではないかと思ってしまう。希和子のとてもとても、まっすぐ薫を愛する姿に、美しささえ感じてしまう。

 

 希和子が、実際の母親がどんなに苦しんでいるか、薫がいつか実母に戻った時にどんな目に遭うのか、考えなかったとは思えない。でも、手放すことが出来なくなってしまった希和子がそのまま表現されていた。冒頭の裁判の強烈なシーンを、都度思い出して、切ない気持ちにさせられた。

 

 原作では色々設定が違う部分もあるようなので今度機会があったら読んでおこうと思う。

 

 小池栄子演じる千草。ややコミュ障。でもなんだか悪い子では無いんだろうな、ということが伝わってくる。その不器用さを見て、恵里菜はなんとなく話をしてみようかと警戒を解いたんだと思う。彼女は不器用ながらに恵里菜をちょこちょこと励まし、せっせと面倒を見て、恵里菜を後押しする。彼女の言葉はなんだか素朴で温かく恵里菜の心を守る。特に最後。恵理菜に「愛してもらおうよ」と言うところ、良かった。良い声のトーンだった。ほんとだよ、愛してもらおうよ、と私も同じトーンで思った。

 

# でもなんだか、確かに設定上、人物自体、胡散臭かったのだけど、小池栄子演じる千草が本当に猛烈に胡散臭くて、胡散臭すぎて大丈夫か…?と思ってしまった。重要な役どころだったし迫力を感じたのだけれど、体を縮こませて挙動不審、歩幅が狭いのに早足、また人との距離感の取り方がおかしい(近づきすぎ)。目を合わせないオドオドした姿から一変。突然今度は、目を逸らさず真っ直ぐ見るし。気味が悪い。左利きで物を食べるけれど食べ方は綺麗ではない。あまりに胡散臭い。…やりすぎ?…怖いよ!とわたしは思ってしまった。

 

 恵里菜の登場シーンは1人で裸でうつ伏せになり頭を枕の下に埋めている夕方のシーンだった。体からも表情からも色気は微塵も無く焦燥感だけが漂う。女が裸のまま部屋を出て行くような男と一緒にいたのかと思い、最初は彼氏とでも別れたのかと思ったらそんな軽くなく不倫してた。

 

 恵里菜は服装も女らしさをまとわず下着すらまともにつけない。男の子のような格好をしている。恵里菜は圧倒的にとても可愛いのだけれどその可愛さを自ら放棄するかのように振舞う。笑わない。化粧っけのない。媚びのない生気のない顔。

 

 井上真央もとても良かった。特に恵里菜が実家で妊娠を報告するシーン。実母に向ける甘えも期待もない諦めきった目。睨むでも、軽蔑するでも怯えるでも無く、無感情の目。実母は分かってはいても、そんな恵里菜の出産は認められない。またそんな事をしようとする恵里菜に発狂する。 

 

 恵里菜を誘拐されていた間の実母の日々も、希和子の薫と離れてからのその後の生涯も、どちらも簡単には想像出来ない。ただ分かるのは、恵里菜が日々に幸せを感じること、愛を理解してくれることが、両方の母の祈りであり望みだろう。また恵里菜にとっても2人の母の愛を知ることで自分の子供を愛せるようになり、また愛することでまた2人の母の気持ちを改めてまた深く知っていくはずだ。辛い話だったけれど良いエンディングだった。

 

 余談だけれど、成人した薫(恵里菜)は若かった頃の希和子に似てた。容姿も雰囲気も自転車の乗り方も。そういう脚本にしたのだろうけれど、開放された恵里菜は、笑い方も希和子に似ていた。幼少期に自分を愛してくれた人の記憶というのは、無意識ながら恐ろしいなと思った。子供の愛し方もきっと希和子に似るのだろう、と悲しいやら何やら分からない気持ちになる。彼女が女らしい服を着ていなかったのは幼少期に男の子の服ばかり着ていたからなのだろうかとも思う。

 

 ついでにもう1つ余談。劇団ひとりはちょっと違った…。今回出てくる男性陣は本当どうしようもない奴らという事で、劇団ひとりもそういう役どころなんだという事は理解しているつもりなのだけど、どうも…。ちょっと良い男でとても駄目な男、である脇役なはずが、随分と存在が立ちすぎているというか。気持ち悪さが際立ち過ぎというか。出来たら無名の俳優を使ってくれたほうが良かったかな…。恵里菜の身ごもっている子供は、あの劇団ひとりが演じたあの男の子か…と思うとげんなりする。

 

 

過去に書いた記事もちょいちょい書きなおしたりします。記事作成日はリスト調整のため、手動でいじる事が多いため、観賞順ではありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。